Javascriptの有効化

Javascriptとは?

Javascriptを有効にしていただく必要があります。
各ブラウザでの手順は以下の通りです。

※バージョンが異なるなどの理由で以下の方法ではできない可能性があります。
詳しくは、「ブラウザ名 javascript 有効」などで検索するか、
公式ホームページのサポートページなどをご参考ください。

Windows


Mac


iPhone・iPodTouch


Android


Internet Explorerの場合

  1. 画面右上の【設定】をクリックし、【インターネットオプション】をクリックします。
  2. 【セキュリティ】を選び、【セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。】の【インターネット】をクリックし、【レベルのカスタマイズ】をクリックします。
  3. 下にスクロールし、【スクリプト】の項目を探し、【Java アプレットのスクリプト】と【アクティブ スクリプト】と【スクリプトでのステータスバーの更新を許可する】の欄の【有効にする】をチェックします。
  4. 【警告】が表示されたら、【はい】をクリックします。
  5. 【インターネットオプション】の【OK】をクリックします。

Mozilla Firefoxの場合

  1. アドレスバーに【about:config】と入力し、Enterキーを押します。
  2. もし警告メッセージが表示されたら、【細心の注意を払って使用する】をクリックしてください。
  3. 検索バーに【javascript.enabled】と入力し、Enterキーを押します。
  4. 設定の【javascript.enabled】を右クリックし【切り替え】を選ぶか、ダブルクリックします。【値】が【false】から【true】に変更されていればOKです。
  5. 最後にページを再読み込みします。

Google Chromeの場合

  1. ツールバーの【メニュー】をクリックし、【設定】を選びます。
  2. 【詳細設定を表示】をクリックします。
  3. 【高度な設定】をクリックし、【コンテンツの設定】をクリックします。
  4. 【Javascript】をクリックし、【すべてのサイトでJavascriptの実行を許可する(推奨)】をチェックします。

Mac版Safariの場合

  1. メニューの【Safari】をクリックし、【環境設定】を選びます。
  2. 【セキュリティ】をクリックします。
  3. 【Webコンテンツ】の【Javascriptを有効にする】をチェックします。

iPhone・iPodTouch版Safariの場合

  1. ホーム画面の【設定】をタップします。
  2. 下にスクロールし、【Safari】をタップします。
  3. 【詳細】をタップし、【Javascript】の項目をONにしてください。

Android端末のブラウザの場合

  1. ブラウザの【メニュー】をタップします。
  2. 【設定】をタップし、【高度な設定】をタップします。
  3. 【Javascriptを有効】をチェックしてください。